~かつてゴールだったVisionが、いまスタートになる~

ZERO CROWN

Health

水を1日2リットル。水を飲み過ぎると危険?

更新日:

水を1日2リットルは健康やダイエットによいって、本当?!

よく水をたくさん飲んだ方が健康に良い、ダイエットに効果があるとよく聞きます。

水は人間の細胞にとって欠かせないものです。70%が水分と言われる脳は記憶,思考、集中力を水をとるだけでアップすることが分かっています。
逆に水分が不足している場合には頭痛や不安,疲労、緊張が増すことも分かっています。

「水を飲み過ぎると危険」という話を聞いたはありますか。それは正しくもあり、間違ってもいます。
水そのものは生きていく上で欠かせないものです。人間の体の70%近くが水分であることを考えると、水をたくさん飲むこと自体にはなんの問題もありませんが、飲み方によっては健康を害する場合もあるので注意が必要です。

水の急な飲みすぎによる冷えが体調を悪化させる

水の飲みすぎが危険と言われるのは、飲み方によって健康を害する場合があるためです。

体の冷え過ぎは体調を悪化させます。冷たい水を一気に大量に飲むと、胃腸を中心に消化器官を冷やしてしまいます。
喉や胃腸には温度を感じる機能がないため、飲んでいるときはすっきりして気持ちがいいと思いますが、体を冷やしている自覚は持ちにくいのです。
胃腸を冷やすことで消化器官が弱ってしまい、食事の消化吸収機能が低下し、結果としてお腹を壊したり体力が落ちたりしてしまいます。

塩分バランスの崩れが体調を悪化させる

水の飲みすぎは、体内の塩分バランスが崩れてしまうことも問題です。

低ナトリウム血症(通称水中毒と呼ばれる)という症状があります。
塩分は悪者にされやすいものですが、実は水分と同じくらい生きていく上で重要なものです。
減塩の食生活をしている人や運動をして、たくさんの汗をかいて塩分が不足している状態の人が、一度に大量の水を飲むと、体内の塩分バランスを崩してしまいます。
具体的には、血液中のナトリウム濃度が急激に薄まることで、立ちくらみやめまいなどの症状が発症します。

肝硬変や心不全などの持病のある方はとくに悪化しやすく、昏睡や錯乱などの危険な状態に陥ることもあるため十分に注意が必要です。
しかし、これらはすべて「冷たい水を一気に大量に飲んだ場合」の問題です。同じ量を飲むにしても、飲み方に気をつければ水が健康を害することはありません。
また、水を飲むとむくみやすくなってしまう人がいますが、これは水分ではなく、塩分のとりすぎが主な原因です。体内の塩分濃度を下げるために、体が水分を溜め込んでしまっている状態です。むくみやすい方は飲む水の量だけではなく、塩分を控えてみてください。

繰り返しになりますが、飲み過ぎは水中毒と言う、水毒症(低ナトリウム血症)になるので注意。1日2リットル説は、よほど汗をかかない限り飲み過ぎです。汗の量で調節しましょう。

スポーツドリンクや清涼飲料水は?!

水分補給は水をとるようにして、スポーツドリンクや清涼飲料水は避けるべきです。これらには大量の砂糖が使われているからです。およそ500mlの砂糖15個と言われます。

ペットボトルの裏をみると分かります。炭水化物は100mlあたり10.8gとかいてあります。砂糖の1日の摂取量の目安は40〜50gなので、ペットボトル1本分で既にそれを超えてしまうのです。炭酸が入っていると甘さを感じられないので分かりにくくさせているのです。

砂糖が沢山使用されているドリンクを飲み続けると血糖値がアップダウンを繰り返してしまい、のどの渇きが増してさらにドリンクを飲みたくなります。カラダがだるくなります。

インスリンが大量に使われていきますので、それが続けばいずれインスリンが効かなくなっていき、糖尿病になってしまう可能性が高くなります。糖尿病と言うのは最初は自覚症状がなく、薬で数値を下げることが出来るので、あまく見ている人が多いのですが、深刻な病気へ進む可能性が高くなりますので、注意が必要です。

インスリン(インシュリン)
血液中に含まれる糖を体の細胞に取り込む働きをするホルモン。食事で血糖値が上がると大量に分泌される。インスリンの分泌や作用が十分でないと、血糖値が慢性的に高い状態の糖尿病になる。 逆に、インスリンが過剰になると意識障害や昏睡(こんすい)などを起こす危険がある。
(2017-03-08 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について

脱水症対策はどうすれば?

また、夏の暑い時期は湿度も高く、発汗しやすく大量の水分を失うことも考えられます。夏にスポーツなどをした場合、水分補給が大切になりますが、ただ水を飲めば良いと言う訳ではないのです。脱水症対策では水ではなく、体液に近い塩分を含んだ水が必要になります。

ただ、気をつけなくてはいけないのはどの水をどのタイミングでとるかです。普段飲むのは普通の水、激しい運動等して大量の汗をかいて脱水症状を予防するためにはスポーツドリンク、脱水症になってしまった場合はミネラル塩分濃度が高い経口補水液と言うものをとるようにすると良いでしょう。経口補水液は塩分濃度が高いために予防として飲んでしまうと体内のミネラルバランスを崩してしまう可能性が高いですので、脱水症になった時以外は飲むべきではありません。

水は少量ずつこまめに飲めば良い

1日の摂取量の目安は、1〜1.5リットルです。日常生活での目安摂取量は、コップ1杯の水を5杯程度とされています。朝起きた時に1杯、日中に3〜4杯、寝る前に1杯程度で十分です。

スポーツの世界では、これまで長きにわたり「喉が渇く前に飲む」ことが常識とされてきました。ところが、その常識に科学的な根拠がなかったことと、先に述べた急激な過剰摂取が問題視されるようになり、現在では「喉の渇きを感じたら、体が欲してきたときに飲む」という考え方に変わりつつあります。
一度に大量に飲むことでさまざまな不調が出やすくなるため、少しずつ喉を潤すように飲むようにしましょう。

最後に、水は私達の身体を健康に保つために欠かせないものです。水の飲み過ぎが危険と言い切ってしまうのは間違っているのかもしれません。
ただ、飲み方次第で身体に負担をかけてしまうことも事実です。しかしそれも、日常のなかのちょっとした意識で簡単に避けられることばかりです。水を飲む行為そのものを怖れず、美味しい水を健康的に飲むような生活習慣にして行きましょう。

-Health

Copyright© ZERO CROWN , 2018 All Rights Reserved.